成行注文(成り行き注文)

通常の株式投資と同じようにFX取引についても、成行注文を行うことが可能です。

通常いわれる成行注文とは、「いくらでもいいから買い」「いくらでもいいから売り」という注文方法のこと。
つまり、通常の成行注文の場合、いくらで買えるか、売れるのかは実際に約定(売買成立)されるまでわかりません。

しかし、FX取引においての成行注文は、そういったことに頭を悩ませる必要はありません。

「買い」の場合は「オファーレート」、「売り」の場合は「ビットレート」というように、あらかじめ価格はきちんと提示され、その価格での約定となります。

つまり、FXにおいては、注文時点での為替レートで「買い」か「売り」かを判断して注文することになります。


為替レートは、数秒間同じ金額で固定されます。
その固定された時間内に、売買の判断をし、実際に注文を行えば、その金額で注文が約定されます。

固定時間が過ぎれば、あらたな為替レートが表示され、新たにその金額での取引を判断することになります。

【チェック!】 FX口座開設の各社キャンペーン情報