IFO注文(アイエフオー注文)

「IFD注文(イフダン注文)」と「OCO注文(オーシーオー注文)」をふたつ組み合わせた注文方法です。

新規の指値注文と同時に、その指値注文が成立した場合に、自動でOCO注文が行われます。

例えば、「1ドル100円で買い」という指値注文を出し、それが実際に成立したら、自動的に「1ドル110円で売り」という指値注文(利益確定)と、「1ドル90円で売り」という逆指値注文(ロスカット)を同時に出します。

レートが1ドル100円になると、まず「1ドル100円で買い」という指値注文が成立します。すると自動的に、「1ドル110円で売り」という指値注文と、「1ドル90円で売り」という逆指値注文という注文が出されます。
その後、1ドル110円になれば、1ドル110円での売り注文が成立し、もう片方の「1ドル90円で売り」という注文は自動的に取り消されてしまうわけです。


この方法を使うことで、買い注文から、利益確定、ロスカットまでの一連の作業が的確に行うことができます。
常に為替レートを見ることができない場合など、うまく利用することで、利益確定や、ロスカットなどでの負担が減ることになります。

【チェック!】 FX口座開設の各社キャンペーン情報