円高のとき、FXで利益をあげるには?

それでは、次に「円高」のときに、FXで稼ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

先ほどの「円安」傾向のときと逆の手順を踏むことで利益をあげることが可能になります。
つまり、外貨が高いときに先に売り、その後、外貨が安くなったら買い戻してやるわけです。

丁寧に書くと、まず外貨が高いときに、証券会社から外貨を借りて先に売ってしまいます。
その後、円高が進み、外貨が安くなってきたときに、証券会社から借りていた外貨を返すために、外貨の買戻しを行うわけです。
その差額が利益となります。

証券会社から、外貨を借りるため、その分手数料は余分にかかってしまいます。
また、金利の高い外貨を借りるため、日本の金利との差額であるスワップ金利を支払う必要がでてきます。


今後円高ドル安傾向が進むと予測すれば、先にドルを売って、円を買います。
その後予測どおり、円高ドル安が進めば、ドルを買って円を売ることで利益が確定します。


この様な手法をとるには、為替レートがどう変動するのかを見極め、予測することが重要になってきます。
特に、このように「売り」から入る場合は、手数料、スワップ金利の負担もあるので、短期間に自分の思う変動が起きるかがとても重要になってきます。

この変動を予測することこそが、FX取引で稼ぐためのキモなのですが、これは株価や日経平均などのあらゆる金融商品と全く同じです。

チャートなどのテクニカル指標を読んだり(チャートリーディング)、また様々なデータ、ツールを活用して為替レートがどのように動くのか予測します。

また、後ほど述べる通貨ごとの特徴、傾向などもおさえて、通貨ごとの動きを予測することも有効です。

この動きを予測する方法については、現在様々なFXに関するノウハウが出ていますので、興味のあるかたは、儲けている人の手法を研究してみてもよいでしょう。

【チェック!】 FX口座開設の各社キャンペーン情報