FXとはどんな取引か?

外国為替、つまり「円」「米ドル」「ユーロ」「英ポンド」などの地域ごとの通貨は、24時間世界中で取引がされています。
FXというのは、簡単に言ってしまえば、そのような通貨を売買することで、収入を得る取引のことをいいます。様々な通貨を売買することで、その差額を儲けるわけです。

例えば、「円高ドル安」のときに、ドルを買って、「円安ドル高」のときにドルを円に売ることによって、その差額が利益となるわけです。


このような取引は、FXという言葉で親しまれていますが、正式には「外国為替証拠金取引」「外国為替保証金取引」などと呼ばれています。

外国為替取引は、世界中の銀行と銀行、また銀行と企業、銀行と個人などの間で、頻繁に行われています。
世界各国が取引の場所となるために、他の商品市場と比べて、取引高は桁違いに多く、また時差の関係上、24時間休むことなく取引が行われているのが特徴です。
つまり流動性の高い商品ということになります。


この外貨為替市場は、従来、銀行同士の取引が中心で、個人が参加できることは困難でした。
しかし、1998年の外為法改正により、個人投資家が一気に参入しはじめることになります。
プロ並の情報収集、分析ツールや、証券会社のサービス、手数料低下により、最近かなり注目されている商品なのです。

【チェック!】 FX口座開設の各社キャンペーン情報